糖尿病

臨床情報

I型糖尿病(T1DM)は、ランゲルハンス島(膵島)のインスリン分泌ベータ細胞の破壊を特徴とする自己免疫疾患です。外因性の要因、例えばウイルス感染、食事や肥満以外にも、遺伝的素因が原因であると考えられています。 T1DM患者で見られる自己抗体は、膵島細胞抗体(ICA)と呼ばれ、膵島細胞のいくつかの抗原に対するものです。それらは主に、65kDaアイソフォームの酵素グルタミン酸デカルボキシラーゼ(GAD65)、インスリノーマ関連抗原2(IA2)、亜鉛トランスポーター8(ZnT8)およびインスリンに対する抗体です。
自己免疫反応は通常、T1DMの高血糖症状の数年前に発症します。破壊的プロセス(膵島炎)は、膵島の免疫細胞からの浸潤を特徴とします。ベータ細胞の大部分が破壊され、血糖値の制御ができなくなるとT1DM の症状として現れます。これは小児・若年者で多く見られます。T1DMが糖尿病の最も重篤な形態であり、その後の生活において注射でインスリンを補う治療が必要となります(インスリン依存状態)。すべての糖尿病患者の5〜10%がT1DMです。全世界でのT1DMの発生率は毎年3〜5%増加しています。

検査

ICAはT1DMと診断された症例の70〜80%で検出されます。このグループの異なる抗体は通常、同時にではなく、その後に発生します。 ICAはT1DMが発症する数か月または数年前から出現します。患者の90%では、臨床症状が現れる前でも1つ以上のICAが検出されます。 異なるICAの数が多い患者ほど、T1DMを発症するリスクが高くなります。
インスリンに対する自己抗体(IAA)は、T1DMで検出される最初の自己抗体となることが多くあります。それらは大半の前糖尿病患者に見られます。それらの陽性率は患者の年齢が上がるにつれて減少します。 IAAは、10歳未満の患者の80%、および10〜20歳の患者の約60%で検出されます。 5歳未満の子供のIAA力価は最も高い値を示します。

GAD65に対する自己抗体(GADA)は、T1DM発症前の患者の約70%、およびT1DM発症時の患者の70〜90%に見られます。 GADAは、成人のT1DMおよびLADA(成人の潜在性な自己免疫性糖尿病)の感度の高いマーカーです。 LADAは、インスリン抵抗性とベータ細胞からのインスリン分泌障害を特徴とする表現型のII型糖尿病患者の3〜12%に存在します。 LADA患者の90%がGADAを有しており、多くは診断される数年前にGADA陽性です。

IA2に対する自己抗体(IA2A)は、T1DM患者のうち小児や若年者の50〜70%、成人の30〜50%に見られます。患者の約半数では、IA2Aは発症前に検出されます。 IA2AはT1DMに高い特異性を有します。

抗ZnT8抗体は、小児の境界型糖尿病の血清で多く検出されます。それらはT1DMの発症まで存在します。抗ZnT8レベルは、発症後の最初の数年間で急速に低下します。抗ZnT8抗体は、LADA患者の約25%でも検出されます。他の自己抗体と同様に、この抗体が存在することによりLADA患者のインスリン依存状態への移行が予測できます。

GAD65、IA2、ZnT8、およびインスリンに対する抗体を組み合わせて測定することにより、98%の症例ですでに発症しているT1DMを検出できます。

Selected Products

Back to top

注意事項 必ずお読みください

このウェブサイトでは、医療関係者の皆様を対象とした製品情報を提供しています。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ