イムノブロット

EUROIMMUN イムノブロット法

包括的な抗体検査のための様々な技術

EUROIMMUN イムノブロット法の特長

  • 自己免疫疾患、感染症、アレルギー検査のための幅広い製品ポートフォリオ
  • 自社で抗原開発から製造までの一貫した管理
  • サンプル毎に1つのストリップのみを使用するマルチプレックステスト
  • 追加の試薬は必要ありません。必要なすべての試薬がテストキットに含まれています
  • Ready-for-use試薬はバーコードとカラーコードで製品の共通試薬を管理し取り違えのリスクを低減
  • 汎用的な反応スキームなのでパラメーターの複雑な設定が不要
  • EUROBlotOneやEUROBlotMasterなどのブロットプロセッサーによる自動処理用に最適化
  • EUROLineScanソフトウェアを使用したブロットストリップの自動分析、結果出力、およびアーカイブが可能

  • 測定原理

    イムノブロットでは、サンプル中の特定の抗体を検出するために、メンブレンにコーティングされた抗原が固相として使用されます。測定までの操作は、用手法や半自動化、全自動化が可能です。サンプルに特定の抗体が含まれている場合、これらはメンブレン上の抗原に結合します。次のステップでは、特定の抗体に結合するアルカリホスファターゼ(AP)標識抗体(コンジュゲート)を添加します。アルカリホスファターゼは、続いて添加されるニトロブルーテトラゾリウムクロリド/ 5-ブロモ-4-クロロ-3-インドリルリン酸ト(NBT / BCIP)との呈色反応を触媒します。サンプルに特定の抗体が存在する場合、それぞれの抗原位置に暗いバンドが呈示されます。この線の染色強度は、サンプル中の抗体濃度に比例します。


    EUROLINE

    EUROLINEアッセイは、1つのテストストリップで包括的な抗体プロファイル評価を可能にするマルチパラメーターラインブロットです。生化学的に特徴付けられた複数の精製抗原または抗原抽出物を細い線状に有するメンブレンストリップを抗原含有固相として使用します。メンブレンは、プラスチックホイルにチップとして正確な位置に固定されています。メンブレンストリップには、非特異的な結合を低減するために過分なタンパク質は含まれていません。全てのEUROLINEテストストリップには、個々のインキュベーションステップが正常に実施されたかどうかを示すコントロールバンドがあります。評価はEUROLineScanソフトウェアを使用して全自動で行うことができます。


    ウエスタンブロットとEUROLINE-WB

    ウエスタンブロットは、スクリーニング検査(間接蛍光抗体法またはELISA)の陽性結果を確認すべき場合や、さらに区別する場合に最適な方法です。ブロットストリップは、抗原を含む固相として使用されます。それらは、電気泳動により分子量に従って分離された抗原抽出物でコーティングされています。

    EUROLINE-WBアッセイは、ウエスタンブロットテストとEUROLINEテストを組み合わせたものです。ウエスタンブロットストリップは、メンブレンチップの形で高純度に精製したネイティブまたは組換え体の抗原でさらにコーティングされています。個々のインキュベーションステップが正常に実施されたかどうかは、各ストリップの下端にあるコントロールバンドの染色で判定できます。評価はEUROLineScanソフトウェアを使用して完全に自動的に実行されます。


Back to top

注意事項 必ずお読みください

このウェブサイトでは、医療関係者の皆様を対象とした製品情報を提供しています。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ