ELISA

EUROIMMUN ELISAs

高精度な定量測定・半定量測定

EUROIMMUN ELISA の特長

  • 包括的な製品ラインナップ 自己免疫疾患、感染症 、抗原検査、治療薬物モニタリング (TDM) に関する様々な項目を測定
  • 自社で抗原開発から製造までを一貫して管理
  • 必要試薬は全てキット化追加試薬は不要
  • Ready for use 試薬はバーコードとカラーコードで製品の共通試薬を管理し取り違えのリスクを低減
  • 汎用的な反応ステップなのでパラメーターの複雑な設定が不要
  • 全自動化が可能 試薬キットはEUROLabWorkstation ELISA, EUROIMMUN Analyzer I, EUROIMMUN Analyzer I-2Pでの全自動化に最適化

  • 測定原理

    EUROIMMUNの酵素結合免疫吸着法(ELISAs) は、ポリスチレン96穴プレートにコーティングした抗原または抗体に、検体由来のターゲット抗体または抗原を結合させて酵素による発色反応で検出します。処理はマニュアル、半自動、または全自動化にすることができます。 単一特異性ELISAは、抗体または抗原の半定量的または定量的測定に使用されます。 一本のマイクロプレートストリップ上のさまざまな抗体の半定量的検出は、プロファイルELISAを使用して実現されます。 ここでは、固相は抗原混合物でコーティングされています。 抗体は半定量的に検出することができます。 その後それぞれの単一特異性アッセイで異なる検出を実行する必要があります。


    ELISAによる抗体の検出

    抗原でコーティングしたマイクロプレートのウェルに、希釈したサンプルを加えてインキュベートます。サンプル中に抗原に対する抗体が含まれていれば、抗原でコーティングされたウェルに結合します。次のステップでは、特定の抗体に結合するペルオキシダーゼ標識の抗体(コンジュゲート)を添加します。ペルオキシダーゼの基質であるテトラメチルベンジジン(TMB)が添加されると、ペルオキシダーゼは呈色反応を触媒します。その呈色強度は測定範囲内のサンプルの抗体濃度に比例します。定量測定では検量線を使用して濃度を算出します。半定量測定では比率として算出します。


    ELISAによる抗体の検出 (競合ELISA)

    抗原でコーティングしたマイクロプレートのウェルに、希釈したサンプルを添加しインキュベートます。 サンプル中に抗原に対する抗体が含まれていれば、抗原でコーティングされたウェルに結合し、次のステップで添加されるビオチン標識分子の結合を阻害します。 その後、ビオチン標識分子に結合するペルオキシダーゼ標識アビジンが添加されます。3番目のインキュベーションステップでは、ペルオキシダーゼとペルオキシダーゼ基質であるテトラメチルベンジジン(TMB)の呈色反応を行います。その呈色強度は測定範囲内のサンプルの抗体濃度に比例します。定量測定では検量線を使用して濃度を算出します。


    ELISAによる抗原の検出(サンドイッチ ELISA)

    単一特異性抗体でコーティングしたマイクロプレートのウェルに、希釈したサンプルを添加しインキュベートます。その抗体の抗原がサンプル中に含まれていれば、抗体でコーティングされたウェルに結合します。 次のステップでは、抗原の別のエピトープに結合するペルオキシダーゼ標識抗体(コンジュゲート)を添加します。 ペルオキシダーゼ基質であるテトラメチルベンジジン(TMB)が添加されると、ペルオキシダーゼは呈色反応を触媒します。 その呈色強度は測定範囲内のサンプルの抗体濃度に比例します。定量測定では検量線を使用して濃度を算出します。


    ELISAによる抗原の検出 (競合ELISA)

    単一特異性抗体でコーティングしたマイクロプレートウェルに、希釈したサンプルと一定濃度のビオチン標識抗原を添加します。 サンプルにその標的となる抗原が含まれている場合、これらはビオチン標識抗原と競合して抗体でコーティングされたウェルに結合します。 その後、ビオチン標識抗原に結合するペルオキシダーゼ標識ストレプトアビジンが添加されます(コンジュゲート)。 ペルオキシダーゼ基質であるテトラメチルベンジジン(TMB)が添加されると、ペルオキシダーゼは呈色反応を示します。 その呈色強度は、測定範囲内の患者サンプルの抗原濃度に反比例し、定量測定では検量線を使用して濃度を算出します。


Techniques

蛍光抗体法

Technique

ELISA法

Technique

イムノブロット

Technique

ChLIA法

Technique

マイクロアレイ

Technique

リアルタイムPCR

Technique

ラジオイムノアッセイ

Technique
[Translate to Japanese:] Dried Blood Spots (DBS)

サンプル収集と事前分析

Technique
Back to top

注意事項 必ずお読みください

このウェブサイトでは、医療関係者の皆様を対象とした製品情報を提供しています。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ