甲状腺疾患

臨床情報

甲状腺ホルモンバランスの微妙なコントロールは、いくつかの自己抗体により乱れることがあります。自己免疫性甲状腺疾患では、主に標的抗原がチロペルオキシダーゼ(TPO)である甲状腺ミクロソームに対する抗体、およびサイログロブリン(TG)またはチロトロピン(甲状腺刺激ホルモン(TSH))受容体などに対する自己抗体を有します。この自己免疫性の甲状腺疾患では橋本病の自己免疫性甲状腺炎(AIT)と自己免疫性の甲状腺機能亢進症(グレーブス病:バセドウ病)が多く見られます。AITは甲状腺の機能亢進(甲状腺機能亢進症)または機能低下(甲状腺機能低下症)として現れることがありますが、バセドウ病は常に甲状腺機能亢進症と関連しています。
橋本病の甲状腺炎は、自己免疫を介したリンパ球浸潤を引き起こし、その結果、甲状腺組織の破壊により長期的な甲状腺ホルモン産生の低下をもたらすことがあります。

自己免疫性甲状腺炎の特殊なものとして、分娩後甲状腺炎があります。これは、高力価の抗TPO抗体を伴う一時的な甲状腺機能低下症です。この病気は出産後の女性の約5〜9%に発症し、糖尿病患者では特にリスクが高くなります。

自己抗体の結合によりTSH受容体が長期的な刺激を受けることが、バセドウ病の病因の1つです。自己抗体の結合はシグナルカスケードを活性化し、甲状腺によるヨウ素の取り込みを増加させます。結果として、甲状腺ホルモンのトリヨードサイロニン(T3)とサイロキシン(T4)が過剰に産生・分泌されます。

検査

甲状腺疾患が疑われる場合は、血清中のTSH濃度を測定する必要があります。 TSHレベルの上昇は甲状腺機能低下症を示唆し、低い値は甲状腺機能亢進症を示唆します。さらに、血清中の遊離甲状腺ホルモンFT3またはFT4の値を測定します。甲状腺抗原に対する自己抗体の検出により、急性(細菌性)や亜急性(非感染性)の甲状腺炎や非自己免疫性の甲状腺ホルモン調節障害と自己免疫性甲状腺疾患を区別することができます。

橋本病の甲状腺炎では、患者の約90%で抗TPO抗体が検出されます。 TSH受容体(TRAb)に対する自己抗体は6〜60%に見られ、抗TG抗体は45〜60%の症例に見られます。

TRAbは、バセドウ病の重要な血清学的マーカーです。それらは患者の90%以上で検出可能です。抗体価のレベルは、疾患経過や重症度と関連しています。また、抗TPO抗体は約80%、抗TG抗体は約30%の保有率を示します。

鑑別には様々な項目の検査結果から得られた全体像を評価する必要があります。血清学的分析に加えて、超音波、シンチグラフィーなどの検査結果や症状も考慮に入れる必要があります。

Selected Products

Back to top

注意事項 必ずお読みください

このウェブサイトでは、医療関係者の皆様を対象とした製品情報を提供しています。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ