多腺性自己免疫症候群

臨床情報

多腺性自己免疫症候群は、複数の内分泌器官の免疫学的な障害を特徴としています。それらは、複数の内分泌疾患が関連し、内分泌器官や胃の壁細胞、横紋筋などに対する1つまたは複数自己抗体の存在を特徴とします。

検査

副腎皮質、卵巣、胎盤、精巣の凍結切片に対する間接蛍光抗体検査(IIFT)は、ステロイドホルモン産生細胞に対する自己抗体の主な検出方法です。甲状腺および副甲状腺、膵臓、横紋筋の組織切片を追加で使用すると、関連する多数の自己抗体を同時に検出できます。

Selected Products

Back to top

注意事項 必ずお読みください

このウェブサイトでは、医療関係者の皆様を対象とした製品情報を提供しています。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ