サイログロブリン

臨床情報

サイログロブリン(TG)は、甲状腺細胞の小胞体で形成され、甲状腺濾胞にコロイドとして蓄えられているヨウ素含有糖蛋白質です。 TGは甲状腺刺激ホルモン(TSH)による刺激によって甲状腺ホルモンである、トリヨードサイロニン(T3)とサイロキシン(T4)が分泌されます。

検査

多くの甲状腺疾患(バセドウ病、自律性甲状腺腺腫など)では、TG値の上昇が見られます。 したがって、TGの測定は腫瘍マーカーとしての使用には適していません。 しかし、TGは甲状腺でのみ作られるため臓器特異性が高く、甲状腺分化癌の再発や転移の鑑別に有用である可能性があります。

 

(注意)日本国内でEUROIMMUN社のカルシトニン測定キットは研究用として販売されています。

Selected Products

Back to top

注意事項 必ずお読みください

このウェブサイトでは、医療関係者の皆様を対象とした製品情報を提供しています。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ