カルシトニン

臨床情報

カルシトニンは、カルシウムレベルの調節に関与し、甲状腺の濾胞傍細胞(C細胞)で産生されるペプチドホルモンです。その産生は、カルシウムレベルの上昇または消化管ホルモン(ペンタガストリン)によって刺激されます。カルシトニンは破骨細胞に作用し骨からのカルシウムの放出を抑制して、血中のカルシウム濃度を低下させます。

検査

血清中のカルシトニン濃度は、甲状腺髄様癌で増加します。甲状腺髄様癌の20%から30%に副甲状腺機能亢進症が見られます。カルシトニン測定は、主に甲状腺髄様癌の外科的切除後のモニタリングのために行われます。

 

(注意)日本国内でEUROIMMUN社のカルシトニン測定キットは研究用として販売されています。

Selected Products

Back to top

注意事項 必ずお読みください

このウェブサイトでは、医療関係者の皆様を対象とした製品情報を提供しています。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ