⽪膚真菌症

臨床情報

皮膚真菌症は、皮膚、髪、爪の感染症であり、ほとんどの場合皮膚糸状菌によって引き起こされ、まれに酵母やカビによって引き起こされます。 皮膚の真菌感染症は最も頻繁に発生する感染症であり、世界的な有病率は20%から25%であり、再発率は高く、増加しています。

皮膚真菌症の原因菌は、その伝播経路と主な発生に応じて、ヒトへの寄生性が強い「ヒト寄生性菌(anthropophilic)」、動物への寄生性が強い「動物寄生性菌(zoophilic)」、および土壌に棲息する「土壌性菌(geophilic)」に大別されます。 ヒト寄生性菌は、主要な宿主としてヒトを好むため、人から人への感染は特に頻繁に起こります。 ヒトの皮膚真菌症の約70%はヒト寄生性菌によって引き起こされます。 動物寄生性菌は、特にペットとの密接な接触によって伝染します。 それらはしばしば人間に強い炎症反応を引き起こします。 土壌性菌は、人間の病気を引き起こす頻度が低くなります。例えば、Nannizzia gypseum との接触は、庭師や農場労働者の手や腕に感染を引き起こす可能性があります。 カビや酵母は日和見感染を引き起こすことがあります。 それらは、皮膚真菌症によって損傷した皮膚や爪から感染することがあります。

検査

皮膚真菌症の古典的な検査では、通常、顕微鏡による真菌の直接鏡検的検出や、病原体の培養観察を行う。 ただし、培養の結果が得られるまでには、数週間を要することがあります。 また、サンプリングの前に開始した抗真菌療法によって、培養が妨げられ、評価ができないことがあります。 特に混合感染症では、成長速度の違いにより見落とされたりするため、培養法では適切な結果評価が難しいことがあります。

EUROArray Dermatomycosisは、皮膚糸状菌、酵母、カビを分子遺伝学的に検出する手法です。 このテストは、マルチプレックスPCRとマイクロアレイを組み合わせたもので、全ての試薬やスライドがキットに含まれているため検査が簡単です。分子生物学に関する深い知識は必要ありません。 わずか3時間かかる単一のテストで、病原体を網羅的に検出できます。

EUROIMMUNの皮膚科学(研究用) 製品リーフレット

詳細については、こちらをご覧ください。

Selected Products

Back to top

注意事項 必ずお読みください

このウェブサイトでは、医療関係者の皆様を対象とした製品情報を提供しています。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ